ホーム > 住宅建築 > 施工事例 > 施工事例 I様邸

施工事例 I様邸

郡山市大槻町/I様邸

個性的で優しさ溢れる佇まい。
「木の息吹」と「ぬくもり」が家族を包む家。

「イメージしていたのは黒い箱の家。外観はシャープにしてかっこよく、内部はムク材を使って温かみを持たせたかった。」と旦那様。I様邸は、5歳の長男と1歳の長女、そしてご夫婦の4人家族でお住まいです。お子様が小学校に入学する前に家を建てたいと以前から考えられており、良いタイミングで安住の地に巡り会えたとのお話でした。

[信和建設]を選ばれたきっかけは? という問いに、「自由な家づくりがしたかったので」というお答えと、満面の笑み。「いつかは…」とあたためていた家づくりに対する夢やこだわりを表現できる会社を探されていた折、旦那様のご友人が[信和建設]の家のオーナーであることを思い出して伺ったところ、その家の間取りと外観をひと目で気に入られたそうです。

I様邸の土地は、南側に道路があり、北側には川が流れています。この土地の特性を最大限に生かしたLDKを設計士は提案しました。南側はあえて光を入れる程度の窓にし、プライベートを保守。そして北側には気持ちの良いウッドデッキを設けて開放的な空間にし、安定した光を採り込みます。これにより、視線を気にすることなくLDKで寛いだり、ウッドデッキではバーベキューなどを楽しむことができます。

「初めての打ち合わせで最初に聞かれたのが、『休日の過ごし方』。子供と楽しく過ごしたいと思っていた私達にぴったりの空間になりました。家族全員のお気に入りの場所なんですよ」。

I様には、施工時のエピソードもお話しいただきました。I様邸のリビングの壁の一部は、下地材をそのまま仕上げとして使用しています。「現地を見に行った際、その部分を[信和建設]さんのスタッフの方が丁寧に削ってくれていたんです。しかも、粉まみれになって…。とにかく感動しました。また、リビングの照明がイメージ通りのものがなかったんですが、設計士の井出さんがピッタリのものを苦労して探して来てくれて、すごく嬉しかったですね」。

「これから家を建てる方ともし話をする機会があれば、『自分たちが納得するまでとことん相談すべき。[信和建設]さんなら、要望に対して様々な提案をしてもらえますよ』と伝えたいですね(笑)」とI様ご夫婦。家の中で楽しそうにはしゃぐお子様と笑顔のご夫婦の姿を拝見することができ、私達も、誇らしい気持ちでいっぱいになりました。(2016年12月)

郡山市大槻町/I様邸

個性的で優しさ溢れる佇まい。
「木の息吹」と「ぬくもり」が家族を包む家。

「とにかく、“かっこいい家”を建てたかったんですよ(笑)」と旦那様。I様邸は、5歳の長男と1歳の長女、そしてご夫婦の4人家族でお住まいです。お子様が小学校に入学する前に家を建てたいと以前から考えられており、良いタイミングで安住の地に巡り会えたとのお話でした。

[信和建設]を選ばれたきっかけは? という問いに、「自由な家づくりがしたかったので」というお答えと、満面の笑み。「いつかは…」とあたためていた家づくりに対する夢やこだわりを表現できる会社を探されていた折、旦那様のご友人が[信和建設]の家のオーナーであることを思い出して伺ったところ、その家の間取りと外観をひと目で気に入られたそうです。

I様邸の土地は、南側に道路があり、北側には川が流れています。この土地の特性を最大限に生かしたLDKを設計士は提案しました。南側はあえて光を入れる程度の窓にし、プライベートを保守。そして北側には気持ちの良いウッドデッキを設けて開放的な空間にし、安定した光を採り込みます。これにより、視線を気にすることなくLDKで寛いだり、ウッドデッキではバーベキューなどを楽しむことができます。

「初めての打ち合わせで最初に聞かれたのが、『休日の過ごし方』。子供と楽しく過ごしたいと思っていた私達にぴったりの空間になりました。家族全員のお気に入りの場所なんですよ」。

I様には、施工時のエピソードもお話しいただきました。I様邸のリビングの壁の一部は、下地材をそのまま仕上げとして使用しています。「現地を見に行った際、その部分を[信和建設]さんのスタッフの方が丁寧に削ってくれていたんです。しかも、粉まみれになって…。とにかく感動しました。また、リビングの照明がイメージ通りのものがなかったんですが、設計士の井出さんがピッタリのものを苦労して探して来てくれて、すごく嬉しかったですね」。

「これから家を建てる方ともし話をする機会があれば、『自分たちが納得するまでとことん相談すべき。[信和建設]さんなら、要望に対して様々な提案をしてもらえますよ』と伝えたいですね(笑)」とI様ご夫婦。家の中で楽しそうにはしゃぐお子様と笑顔のご夫婦の姿を拝見することができ、私達も、誇らしい気持ちでいっぱいになりました。(2016年12月)

| Privacy policy | Link | Site map |

| Privacy policy |

| Link |

| Site map |