実例 M様邸

パブリックとプライバシーが緩やかにつながる「気持ちの良い」家。

建築家・高橋 岳志

M様は、空間をイメージできる施主様で、部分部分ではありますが、理想とする住宅の姿を具体的にお話しいただきました。その部分部分をどのように組み合わせてデザインしていくかが、この住宅の“肝”だと感じながら最初の打ち合わせを行いました。M様邸の敷地は、昔ながらのコミュニティーが残る住宅地の一角にあります。そのため、パブリックな空間と住宅を明確に分けるのではなく、緩やかにつながるよう配置計画を工夫し、また、単純に囲うのではない、適度に区切ることのできる「塀」を設けました。間取りは、個々の機能に分かれた空間が単純に並んでいるように感じられますが、その空間に「動線」と「視線」で“つながり”を持たせ、空間に厚みを持たせているのが一番のプランニング・ポイントです。また、M様からいただいた、家事・子育てを行うにあたっての機能的なご要望をきちんと組み込みながらも、「暮らして気持ち良い」、愛着の深まる空間づくりを心掛けました。

Other Photo

owner's voice

“予想外”で“想像以上”。オリジナリティのある家が完成しました。

良い意味で予想外で想像以上でした。自分たちでも情報収集して間取りを考えたりもしましたが、やはり、建築家の方のプランは一味も二味も違うものですね。出掛けていてもお気に入りの家に帰ることが楽しみです。[Dialo]の皆さんは一貫して誠実です。建築時はもちろん、アフターケアもしっかりしていただいており、本当にご縁があって良かったなと感じています。